ウォールスタット wallstat に関して


最近ポラスグループが住宅の骨組が地震に対してどのような揺れ方をするかシミュレーションするCMを放映している。

実は無料で使えるソフトとして 国土交通省 国土技術政策総合研究所 中川貴文氏開発 のウオールスタットというものがある。

  このソフトに過去の地震データが入っており、建物の様々な情報をいれると動画として建物が揺れ、損傷を受け、更には崩壊するまでをシミュレーションしてくれるもの。 

動画を見て頂くとわかるが、家が揺れ壁が黄色に変色。←これが損傷 

やがてオレンジ、赤になり崩壊。

先日発表されたがツーバイフォー建築協会が監修している簡易構造計算ソフト『らくわく』からデータを受け渡せる仕組みを開発するとの事。

 この件は非常に注目すべき事で、我々木構造設計事務所自信も建物が崩壊をする際、どこが弱点になるのか等明確に見る事が出来る。

大きな窓を付けたい施主様と構造家として譲れない壁。

また意匠設計士さんとのやり取りやハウスメーカー様とのやり取りも今と違った形になるかもしれない。

現在つばさ設計、この『らくわく』急ピッチで勉強中。

この件はつばさ設計として継続して開発メーカーとやりとりをして経過を観察していきたい。 

こうご期待。

ポラスグループのCMリンク

https://www.youtube.com/watch?v=QHyenB8swTo


ツーバイフォー構造設計 つばさ設計株式会社のオフィシャルサイト

ツーバイフォー構造設計事務所つばさ設計株式会社のHPです。 一級建築士事務所 登録 ツーバイフォー建築協会 会員 ツーバイフォー情報を中心に更新してまいります。

0コメント

  • 1000 / 1000