管理建築士ご紹介

菊池清 経歴

昭和45年3月 日本大学生産工学部建築工学科卒業

昭和45年4月  株式会社篠原建築設計事務所入所

独身寮、事務所ビル、病院等の設計補助経験後、

 練馬中央診療所(東京)、田谷病院(東京)、

 恵寿病院(石川)、第二古茂田ビル(東京)  の設計を担当

昭和48年1月 一級建築士資格取得

昭和48年11月 株式会社篠原建築設計事務所退社

昭和51年6月 株式会社新精神設立(同月一級建築士事務所登録)

ハウスメーカーのための枠組壁工法の構造計画、構造図作成、構造計算等。(大成建設パルウッド、積水ハウス、三菱地所ホーム、木下工務店、三和建物、三和ホーム他)

他に中小工務店及び設計事務所等の依頼により、3階建構造計算を含めた 50~80棟/年間程度、枠組壁工法建築物の構造計画及び構造図作成を行う。

自社設計監理物件として、第百生命独身寮(横浜市、S造)、A邸(東京都、RC造)、

RC造賃貸用共同住宅(東京都、横浜市)、店舗・事務所(東京都、S造)、工場(山形県、S造)

診療所(千葉県、S造)、在来軸組工法住宅、枠組壁工法住宅、同事務所、同ホテル、同診療所、同共同住宅等多数。

木質ラーメン工法の開発(建設大臣認定取得)。

平成29年7月 つばさ設計株式会社取締役に就任。

平成30年時点 (社)ツーバイフォー建築協会のコンサルタントとして、「建物品質管理小委員会」に所属し、協会主催の技術講習会や自主工事検査委員等資格取得講習会、木造耐火構造技術基準講習会の講師を務めている。

国土交通大臣の認定を受けた枠組壁工法による耐火建築物の耐火検査員として、耐火の検査を第三者として行っている。

枠組壁工法建築物躯体検査、仕上げを含めた第三者検査も行っている。

東洋大学工学部建築科にて「枠組壁工法の建築物」に講義。(2014年・2015年・2017年)

浅野工学専門学校において「枠組壁工法建築物」に関する講義。(2017年)

2016年11月と2017年1月 ビッグサイトにてカナダ林産審議会の要請で木造宿泊施設に関する講演。

2017年11月~12月 カナダ林産審議会の要請で日本全国6か所で「木造2x4によるホテルの実例と設計の勘所」というタイトルで講演。

2014年 NPO法人PSATS(建築技術支援協会)の戸建住宅部会に所属。



執筆

2014年 日経BP社より出版の「木造住宅現場管理体系」【増補版】を共同執筆。